We have a theme song

軌跡として残す!私立小学校の先生 つっち~のオンラインネタ帳

watcha NAGOYA 二次情報公開!!

f:id:tuchiblanka:20180818200838j:plain

つっち~です、こんにちは。

前回のブログ、たくさんの方にリアクションしていただき感謝です。

読まれてない方は下のリンクからどうぞ♪

tuchiblanka.hatenablog.com

 

今日は5つの情報を載せます!

①運営アカウント質問箱開設!

watcha NAGOYAアカウントに質問箱を設置しました。

<運営に対するリクエストや質問>

例:参加者の皆さんと交流する時間を多めにとってほしい!

例:お菓子の持ち込みいいですか?

<登壇者に対するリクエストや質問>

例:けテぶれの導入の仕方を知りたい!

例:日本の教育とベトナムの教育の大きな違いは?

 

などなど・・・。皆さんのニーズを掴みながら、共に会を作っていこうと思います。

ぜひ、投稿してください^^

②会場案内

名古屋駅から徒歩圏内の会場です。

申し訳ありませんが、具体的な場所は参加される方のみ、お伝えさせていただきます。

③会の大きな流れ

開場 10:00

開始 10:30

終了 16:30

※暫定です。全体の構成に合わせて、変更になる可能性もあります。

④二次会について

場所:会場から徒歩3分!

形式:会場貸し切り!立食スタイルで気軽に多くの方とお話しできます!

時間:17時~19時

二次会後、より濃い話がしたいから三次会も!日帰りで帰らなければいけないけど、懇親会も行きたい、、、。という方もいると思うので、終了時間は早めに設定してあります^^

⑤参加費

お昼の部:3500円

お昼の部~夜の部(懇親会)通し券:7000円

夜の部のみ:4000円

 申し込み方法

※最重要※

 今回の watcha NAGOYA では、Peatixではなく、LINE Payを使用しての申し込みを行います。


※現在定員に達しており、申し込みされた方はキャンセル待ちとなります。ご了承ください。



~手順~

①下記のアドレスからGoogleフォームにアクセスし必要事項を入力する。※

https://goo.gl/forms/JHCYU3NTpq4o402W2

②申し込みしていただいた方に、メールでLINE@「watchaNAGOYAアカウント」のアドレスが送られる。
③LINE@の「watchaNAGOYA」を友達に追加してもらう。※
④LINE PAYでの送信先である会計担当者を友達に追加してもらう。※
⑤担当者とのやり取りを済ます※
⑥当日の詳細が送信される。

参加者の皆さまには四つの操作(※)を行っていただくことになります。

お手数おかけしますが、どうぞご理解・ご協力よろしくお願い致します。 

※皆様の個人情報は適切に管理させていただきます。watcha Nagoyaの運営に関することに以外には一切利用いたしません。会が終了後確実に削除させていただきます。

 

不明な点・ご質問等は、運営アカウントのDMもしくは、

こちらのアドレスまでお問い合わせくださいm(_ _)m

watchanagoya@gmail.com

watcha NAGOYA ~新しい繋がりへの第一歩~

f:id:tuchiblanka:20180818200838j:plain

はい、どうも。つっち~です。

2019年3月27日(水)に行われる・・・

watcha NAGOYA!

今回は、大きな流れを一本にまとめます。

watchaって何ぞ?

Googleで「watcha 教育」と調べてみてくださいw

多くの方のブログでこれまでの流れは見れると思います。

簡単に言うと、Twitter発の教育に携わる人向けのイベントです。

で、私が名古屋開催の幹事であります。

立候補した時の想いは過去のブログで!

No.7 炎を絶やさないと誓います。~watcha TOKYOからNAGOYAへ~ - We have a theme song

幹事としての想い

東海地方にも「教育」について熱い想いをもっている方はたくさんいるんじゃないか。

情熱を燃やして、子どもと関わっている人たちがいるはず。

だけど、知らないだけじゃないか。

じゃあ、そんな人たちが出会える場を作ろう。

そして、新しい「繋がり」を生もう!

ということです。

前回のブログでも、テーマについては触れさせていただいてます。

No.16 watcha NAGOYAに向けて③ - We have a theme song

参加資格は!?

「教育」というのは、先生だけに関係することではありません。

どんな形であれ、「子どもたちの未来」に関わっている方々に参加していただければと思っています。

 

ここまで読んで、watchaに興味が出てきたぞ!という人はこちらをフォローしておくと良いです^^b

フォレスタネットさんが協賛してくださいます^^

foresta.education

ということで、登壇者の紹介!!

 さて、今回はTwitterからお越しいただいた方々以外にも、多くの方に見ていただく記事になると思うので、真面目に書こうと思います。いぇあ。

行くぜ!

 エントリーNo.1!

「水が大好きな子を一人でも多く!」という理念の下、

子ども達同士で高め合う水泳授業を提案!

更に、学年主任としての在り方、

体育授業をどう作り上げていくかも熱く語る。

彼の発信は限界を知らない!そう、No Limit!!

そんな彼を表すタグは・・・

#戦う小学校の先生

いのうええええええええええええええ

たーーーーーーーーーくーーーーーーーーーーやーーーーーーーーー

  f:id:tuchiblanka:20181224112358j:plain

ブログはこちら↓

ameblo.jp

エントリーNo.2

「積極的講師」という新たな選択肢の提案。

「適応するな、突き抜けろ」と彼女は言う。

今の自分の立ち位置に悩んでませんか?

自分の魅力語れますか?

彼女の発信は自己を見つめ直すキッカケをくれる。

そんな彼女を支える、圧倒的読書量。

今回はその「本」で皆さんを繋げます。

オススメの一冊、持ってこいや!!

なるさわあああああああああああああああ

ばすぃいいいいいいいいいいいいこおおおおおおおおおおおおおおおお

f:id:tuchiblanka:20181224114225j:plain

ブログはこちら↓

narusawabashiko.hatenablog.com

エントリーNo.3

日本を飛び出しベトナムで教師。

日本国際学校の教頭である。

海外で活躍する彼から見た、日本教育の可能性」とは。

日本の教育を一歩外から眺める彼の視点は、おそらく我々に自身の仕事の価値を再認識させてくれるだろう。

そして、「教育」で日本とベトナムを繋ぐという彼の野望は、どのような戦略をもって今後進められていくのか。

ポジションを取る。とはどういうことなのか。

乞うご期待!

やまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーだ

しょう

f:id:tuchiblanka:20181224114704j:plain

ブログはこちら↓

vietnamdesensei.hatenablog.com

エントリーNO.4

日々の宿題に革命を!その想いから生まれた

「けテぶれ」

それは、子どもたちが自ら学び始める魔法の合言葉。

その提唱者、葛原祥太の想いに賛同し、現場で実践を進める二人・・・

ロック&くろ

「楽しくなければ教師じゃないじゃん!」と太陽のように明るく照らす ロック!

「AとBで迷ったら、Cの道を探します。」とのように静かに本質を追及する くろ!

実践者と提唱者の話がどう絡み合い、どんな価値を生むのか。

集え!実践者たちよ!喜びもワクワクも、悩みも不安も共有しよう!

※実践者限定の会ではありません笑

ロック!

くろ!

くずはらああああああああああああああああああああああああ

しょうたああああああああああああああああああああ

f:id:tuchiblanka:20181224115137j:plain

f:id:tuchiblanka:20181224115146j:plain

f:id:tuchiblanka:20181224115155j:plain

ロック先生のブログ↓

rockteacher7777.hatenablog.com

 

葛原先生のブログ↓

note.mu

エントリーNO.5

塀の中の教室」

非行少年と向き合う彼は、法務教官として何を思う。

これは他人事?

関係のない世界の話?

いや、違う。

子育てに関わる全ての方々に聞いてほしい。

へいなかの熱い思いを。

新たな視点、子ども達との繋がり方がきっと見つかる。

へいなかっっっっ!

f:id:tuchiblanka:20181224115418j:plain

エントリーNo.6

今回唯一の学生登壇者

え!?今からそんなにやってるんですか・・・教材研究。

そ、そんなに各地飛び回って学んでるんですか・・・。

学生だからってなめたらあかん!!

半端じゃない努力量

圧倒的没頭力

現場の先生たち、、、うかうかしてると喰われるぞ・・・。

学生生活の締めくくり!世代間の架け橋となって希望を繋ぐ!!

Dreaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaamer

f:id:tuchiblanka:20181224115820j:plain

 ブログはこちら↓

dreaaamer.hatenablog.com

 

参加者募集は1月中旬スタート予定!

 

よろしくお願いします!!

 

No.16 watcha NAGOYAに向けて③

f:id:tuchiblanka:20180818200838j:plain

みなさん、ご無沙汰しております。

つっち~です。最後のブログ更新を見たら8月とか。。。

放置しまくりでしたね。

 

watcha NAGOYAに向けてだいぶ話が進んできましたので、当日までの流れをシェアします!今後の参考にしていただければと^^

アカウントも開設しました~!こちらもぜひ、フォローしてください!

 

  

そして、フォレスタネット協賛です!!!!みなさんもこちらのQRコードから登録して、盛り上げていきましょう!!(自分がまだ投稿してないのは内緒)

 

 

さて、とうことで、現在までの大きな流れを振り返ります!

10月半ば(開催半年前)

・会場の下見、確定(並行して当日の開始&終了時間の決定)

・懇親会会場の確定

・コンセプトの再確認

・講師の先生方への連絡

・集金方法の検討

・フォレスタネットさんとの連携について確認

このあたりでメッセンジャーでのやりとりに限界を感じる\(゜ロ\)(/ロ゜)/

→Slackに移行。開催チームと講師陣が全員入って連絡が一本で済むようにした。

11月(開催5ヶ月前)

・テーマの決定

→「繋ぐ」

・全体にかかる予算の把握(会場費+講師の交通費+α)

・集金にはpeatixを使用(若手&学生、福岡を参考に)

・告知方法の検討(フライヤーどうする?拡散方法は?)

12月(開催4ヶ月前)

2回目のミーティングを実施!

・募集人数

→定員100人!!

・会費

→ここが最大の難関・・・。

・時間の使い方

→1月以降講師の先生と相談して各持ち時間をどう生かすか考えていく。

だいぶ詳細が見えてきた!

※重要※

<申し込みと会場の案内について>

今回は、参加者にのみ会場をお伝えするというスタイルをとる予定です。

チケット申し込み後、watcha NAGOYAのアカウントにDMを送ってもらい手続き完了とする予定でいます。(その際に会場と開場時間をお伝えします。)

お手間を取らせますがよろしくお願いします。

テーマについて改めて

今回のテーマは「繋ぐ」です。

このwatcha NAGOYAに参加すれば、新しい「繋がり」が生まれるよう、今後メンバー&講師陣と試行錯誤していきます。

ただ、自己紹介をして終わり。

ただ、一方的に講話を聞いて帰る。

そんな形ではなく、共通点で盛り上がったり、会が終わった後でも付き合いを継続したくなったりするような場にします!

オンラインの繋がりから、リアルな繋がりへ。

こんなにも熱い思いの人たちが「身近に」いるんだ。ということを、特に東海圏の先生には感じてほしい。

遠方から参加予定の方々にも、「これは地元に持ち帰って広めよう!」となってもらいたい。

自分も身近な仲間をこの会に招待しようと思っています。

参加希望のみなさんは、是非同僚・大学の同期などにお声掛けいただければと思います。

 

熱い会にします!

よろしくお願いします!!!!

No.15 1学期のけテぶれ実践報告

f:id:tuchiblanka:20180724083849j:plain

こんにちは~。つっち~です。ちょっとブログのやる気がアゲアゲなので書いてます。

今日は自分の実践を振り返るため、そして2学期の見通しをもつために僕の「けテぶれ」実践についてまとめます!

けテぶれって何ぞや?って人は、こちらへ↓

human154.hatenablog.com

あの・・・あの!!!!!葛原先生考案の学習法でございやす。

なぜけテぶれを導入したのか

うちの学校は小学校ですが、学期ごと期末テストを導入しています。

その際に、テスト2週間前から「テスト週間」とし、自主勉ウィークにしていました。

しかし、なかなかその短期間だけでは見通しをもって学習していく力を育めない。

「自分で考えてやってごらん」

と言っても、

「やり方わからんもん。」

「ドリルやっときゃいいっしょ。」

「ノートまとめさいこー!ひゃっはー!!」

みたいな感じで世紀末感が出ていたんです。

f:id:tuchiblanka:20180821161626j:plain

なんとかならないかぁ・・・と悩んでいた昨年度。

期末計画表とノートを見比べ、あれやこれやと個別指導・アドバイスをするが・・・

ゆっくり話すには時間足らん!!!!!!!

そして・・・

結局こっちのアドバイス通りのことしかやらんやん!!!!!!

となって八方ふさがり。そんな中、3月にTwitterで見つけた「けテぶれ学習法」。

完全にキてました。

もともと「体験学習法」というものを学び、PAの実践を通してPDCAサイクルを学級に取り入れようともがいていた僕にとっては、まさにこれだ!!!となったんです。

(体験学習法についてはまたおいおいまとめていきます)

f:id:tuchiblanka:20180821161950j:plain

そんな感じで、新年度から導入することを決意したわけでございます。

まず何から?

とりあえず、学年の先生の理解を得ることからスタート!

「宿題の内容は揃えねばいけない。」

というルールがあるので、学年そろってやれるといいなと。(今、5年生です)

幸い、主任も隣のクラスの担任の先生も快諾してくれました。その勢いで6年生にもプレゼン!笑

結果、高学年部ではじめることになりました^^

ただ、毎日というわけでなく、一学期は主に、火・木で。

(そのあたりは説明が長くなるので割愛w)

1つ言えることは、導入しづらそうな環境でも工夫しだいで色々はじめられるよっ!ってことです。

 

そして、葛原先生のブログを読み漁り、自分たちの学年に取り入れていける部分はどこからだろう?と必死に考えました。 ここで重要になるのが、「実践の再編集能力」です。

おもしろいな!と思った実践を完コピして取り組んでもまったく良いことはありません。

自分の目の前の子達に合わせてアレンジしていかないと・・・失敗します。

なぜならその実践には先生の「魂」がないから。

やるからには「魂」込めようぜ。

んで、何したの?

①けテぶれの大枠を説明

↓のようなプリントを配布し、「けテぶれ」の説明

f:id:tuchiblanka:20180821163706p:plain

まずは「分析」を当たり前にできるようにしよう!

ということで、「分析の習慣化」を狙いました。

各種ミスをA~Dに分類し、ミスした問題にサクッと印をつけられるよう工夫してあります。

②分析が定着してきたあたりで、子ども達の悩みを共有

取り組みをスタートすると、やる気ある子達から色々な質問が出てくる・・・。

そこをすかさずキャッチ!

「こんな感じの計画でいいんですか?」

「テストのネタはどっから?」

「いつも同じミスしちゃうんです・・・」など

↓のプリントで、こちらから質問に答えつつ、

「仲間とノートを交流することの良さ」を実感してもらえるように交流する機会を設けました。

f:id:tuchiblanka:20180821164006p:plain

このあたりで、「計画」「テスト」「練習」の質が向上し始める。

「友達のやり方をマネすることは全然悪いことじゃないからね~」と。

その段階を踏むべき子は多いと思います。

「自分で考えてやってみなよ」だけでは育ちません。

③大枠が身についてきたところで良い子のノートをがんがんコピーしてアピール

④みんプリの導入

⑤けテぶれルームを新設

空き教室を活用してけテぶれルームを開設。

その部屋にはみんなのノートのコピーやみんプリを置く。

(ノートは6年生のも置いてあるので学年を越えて刺激があるように工夫)

黒板には「心マトリクス」「学習マンダラ」を掲示

心マトリクスの説明にドラえもんの話はめちゃくちゃウケました!!!

↓これです

心マトリクス的【ドラえもん】考察 - けテぶれ〜学習力を伸ばす宿題革命〜

そんなこんなで1学期の期末を迎えます・・・。

結果どうやったん?

結果は・・・まだまだ!といったところでしょうか。爆発的に成長した子や「勉強が楽しくなってきた!」と言えるようになった子もいれば、計画で満足してしまった子、まだサイクルにのれない子、心に負けて全然やらなかった子。様々です。

でもいいんです。

結局、ここで学び方を押し付けてしまったり、分析をこちらがやってしまったりしたら

「やらされている学習」に後戻りです。

葛原先生もよくおっしゃってますが、

「信じて、任せて、認める」

だから、ながーーーーーーーーーーーーーーーーい目で見て、サポートしていこうと思います。

2学期に向けて

・保護者にさらに理解してもらうために、通信にけテぶれコラムをのせていく。

(理念の共有、メリットのアピール、具体的に家でできる見守り方の発信など)

・波に乗れない子に対して様々な釣り糸を垂らしてみる。

(子によっては「守・破・離」の観点から、まず型を教え込む必要もあるかも・・・)

・加速している子が止まらないようなおもろいミッションを考える。

(サロンでも話題にしたいなあ~)

・同僚の先生たちと協力して日々試行錯誤!

オープンソースの良さはここにあり!)

ちなみに、僕が以前同僚の先生に示したのはこんなやつ・・・↓

f:id:tuchiblanka:20180821171929j:plain

こんな視点で子どものがんばり見ていきましょうね~って感じです。

Twitter見たら、これ5月末の資料やからぼちぼちアップデートできそうやな。

あー、手書きだとこうゆうとき辛い。

だれかiPad!!!!笑

 

まぁこんな感じですかね!?

ってことで、今回は以上!^^

 

 

No.14 watcha NAGOYAに向けて②

f:id:tuchiblanka:20180818200838j:plain

こんばんは!つっち~です。
watcha NAGOYAの進捗状況を報告します♪

 

名古屋開催チーム発足!

なかなかフットワーク軽く動けないので助けが必要でした。
Nobさん、ざいかしさん、教育のいのうさん、waveさん、キタバさんです!

日時・場所・方向性など

日時 3月27日(水)午後スタート予定
場所 名古屋駅から徒歩圏内を予定
アクセスの良さ優先で考えてます!

はじめは名古屋大学愛知教育大学の教室をかりて、、、とも思っていましたが、
Nobさんとの会話の中で、

・学生向けに行うのか
・先生向けに行うのか

その方向性を中途半端にしないほうがいいだろう。

ということで、今回は「現役の先生向けでしょ!」ということに。

大学との連携はまたこれ以降だれかよろしく笑

 

<講師の先生方>
は、まだヒミツで♪笑
次回、正式に告知しようなと(焦らし作戦)

 

<方向性>
前回の東京は「既成概念をぶった切れ」でしたが、

今回は「繋ぐ」でいこうと思います。

参加していただく方々に「新しい繋がり」を作ってほしい。
今回生まれる「繋がり」を今後にいかしてほしい。

ということで、できるだけ参加者同士の関わりの多い会にしていこうと思いますのでよろしくお願いします♪

 

短いですが、今回はこれくらいで!

 

 

No.13 先生、MG(マネジメントゲーム)に挑戦するってよ

f:id:tuchiblanka:20180724083849j:plain

 はい、どうも。

夏休みも終わりそうですが、みなさんいかがお過ごしですか?つっち~です。

今回は、8月9日、10日に参加した「MG研修」について書きます。

MG研修って何?

今回参加させていただいたのは、ジェイクオリアさん主催の会でしたので、そちらのリンクを参考にしていただければと。(リンク許可いただいています。ありがとうございます!)

jqualia.jp

簡単に言うとゲームを通して経営体験をし、「自己決定力」「状況判断力」「先見力」などを養おうってことです。

ゲームなので、実際の経営と違って「倒産しても大丈夫!」というところがポイント!企業から参加された方々は、普段の自分の戦略の「クセ」を見つめなおす機会にしていたようです。

ソフトバンク孫社長も会社で活用されているらしい。

なぜ参加したの?

そもそも、教員がこのような研修に参加するのは異例ですね。完全に今回の研修も僕の肩書は浮いてました。笑

 

今回参加した理由・・・

・純粋に「ゲーム」というのが面白そうだったから

・「経営」ってどんなこと意識しているか知りたかったから

そして何より、

・私学運営のヒントになるのでは?と思ったから

 

私立の学校=会社です。

子どもが集まらないと運営が成り立ちません。

そこには戦略が必要で、漫然と経営していてはダメ。

特に、この少子化、教育業界への風当たりの強さを考えると、

なんとなく学校運営をしていては潰れるだろうな・・・。というのが持論です。

f:id:tuchiblanka:20180818122611p:plain

研修から学んだこと

①バランスを取りにいってばかりでは何も生まれない

一期目は全員同じ動きなので業績は一緒。ルールの確認。

<第二期>とりあえず、研究開発、広告、設備投資、人材登用をバランスよく鍛えていけばいいでしょ。

何もできず終了。

「バランス良く」が大事だなと思ってあれやこれやと広く浅くやっていたら何も生み出さず終わってしまうことを実感。

f:id:tuchiblanka:20180818123640p:plain

②目先の収支(結果)にとらわれると、足元をすくわれる

行動ごとに収支をつけていく。

(途中)まだ残金あるからいいや。

(期末)やべぇ・・・固定費払えねぇ・・・。

第二期、大幅な赤字を叩き出す。

先を見通して行動していかないと、えらいことになる。

f:id:tuchiblanka:20180818123851p:plain

③場を整えるばかりでなく、行動すべし

第二期の結果から、自分の行動を振り返る。

「行動しないと何も生まれない!」

<第三期>とにかくチャレンジ。恥ずかしがらず、わからないことは「わからない。教えてほしい」と伝える。「ミスしてもいいや!」の気もちで動く。

少し業績が回復

とにかくアクション起こせば何か変わる!!

「わからない!」が言えない。ミスするの怖い。これって子どもも一緒。自分が未知の世界に飛び込むことは、改めて大事なことを思い出させてくれる。勇気づける一言を言える教師になりたい。

f:id:tuchiblanka:20180818123646p:plain

④正しくPDCAサイクルを回せば、活路が見いだせる

主催者の田中さんが何度もおっしゃってました。

「正しく」PDCAサイクルを回せば、経営は上手くいくと。

<第四期>経営計画を立てるところからスタート

経営方針を決定する。「単価を高く!強気の販売!」

利益目標はいくらか?それを踏まえて単価は?いくつ売る?などと計画(P)する。

実際にゲームでやってみる(D)

中間決算で振り返る(C)

後半戦に生かす(A)・・・あれ、これってなんて「けテぶれ」笑

結果、大幅な利益を生む。

「なんとなくの計画」ではなくて、数値や行動など「具体的な計画」をたてた。結果、自分の行動に迷いがなくなり、まっすぐ目標を見据えて行動できた。具体的なビジョンを描くことは大切だと実感。

f:id:tuchiblanka:20180818133738p:plain

⑤短期の+で喜ばない

<第五期>自己資本を大幅に伸ばして終了

しかし、本当の経営はこれで終わらない・・・。

☆ずっと長く発展していくためには、利益を求め続けるだけでなく、準備期間を設けたり、先行投資したり、イレギュラーな問題に心穏やかに立ち向かっていかなければいけない。長い目で考えよう。学級経営も同じです。

f:id:tuchiblanka:20180818122833p:plain

 ⑥自分の利益だけを求めるのではなく「互恵力」を高めて、皆で成長する

二日目の途中に「ビジネスパワー分析」を行った。

その中に、「互恵力」という項目があった。

自分だけ良しの姿勢なのか。

他人にも利益を落とす姿勢があるのか。

このあたりは、非常に考えさせられた。

自分は必死すぎて、周りに気を使うことは全然できていなかったし、自分の利益を上げることに躍起になっていた。

けど、それで本当に全員が幸せになれるのか?

教室でもそうだ。

自分が良ければそれでいいのか?(教師の満足度=子どもの満足度ではない)

職員室でもそうだ。

自分の学級が落ち着いていればそれでいいのか?(そこに学校として成長はあるのか)

2学期以降の大きなテーマです。

最後に

今回研修に出て、本当にいい経験になった。他業種の方と触れ合うのはとても刺激になる。これだけで「社会を知る」と言うにはおこがましいが、「先生の仕事を知ってもらう」という点では、企業の方に自分の取り組みを少しでも伝えられたのは大きな前進。

そして何より「PDCAサイクル」が大きなポイントであるのは間違いない。

2学期もがんがんいきますよ。

 「けテぶれ」って何ぞやの人はこちら♪↓

human154.hatenablog.com

 

No.12 教員を目指す大学生に捧げる③

f:id:tuchiblanka:20180724083849j:plain

こんばんは、つっち~です。

Twitterぜひフォローしてくださいね^^(→@tuchiblanka)

さーて、いよいよ最終回です。

お待たせしました。(待ってない)

①はこれ!↓

No.10 教員を目指す大学生に捧げる① - We have a theme song

からの、②はこれ!↓

No.11 教員を目指す大学生に捧げる② - We have a theme song

 

①は反響大きかったから読んでください!

②は、、、、、、、、、、、、\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ということで、今回は帰国後~就職まで。

レッツゴー。

働く価値観を大きく変えた出会い

さて、見事心が折れて帰国した僕でしたが、大学は休学中なので9月~3月暇だったんです。実家に世話になりながら、バイトを探すことに決めました。

そんなとき、某コーヒー屋さんが「半年しか働けない」にも関わらず雇ってくれました。店長曰く、「サバイバルしてきた感じが良かった」だそうです。よしよし。

この店長との出会いが、大きく僕の仕事観を揺さぶります。

 

<全国トップクラスの売り上げ店舗で働く>

かなりの激務でした。

・覚えることが盛りだくさん

・基本的にお客さんが途切れない

・店長が鬼厳しい(言っていることは正論)

1日がめまぐるしく過ぎていく中で、

「半年しか働けない自分を雇ってくれた意味は?」

と考えてみる。

当然、即戦力になることを期待されている。

今までの、「お金さえもらえればいい」ではついていけない。

初めて、バイトで必死になった時期でした。

 

メニューを覚える。

コールを覚える。

コーヒーの淹れ方を学ぶ。

豆について学ぶ。

グッズについて学ぶ・・・。

 

できなかったことができるようになると嬉しい。

お客さんに笑顔になってもらえると嬉しい。

自分が一生懸命紹介した豆を購入してもらえると嬉しい。

努力がまわりに認められて嬉しい。(もちろん叱られもしたけど)

 

こんな単純なことが、自分のやる気を大きく引き出しました。

必死に正しい方向に努力する→認められる。

このサイクルを「体験」することは非常に大切です。

 

皆さんは、どんなモチベーションでバイトに行っていますか?

何か、日々目標をもって働いてますか?

たかがバイトってしてませんか?

何でもいいです。1つ考えてやってみてください。

この姿勢は、就職後大きな力になります。

 

<「働く」ということの根幹を創った店長の言葉>

「そのコーヒーは、お前にとって一日に何百杯もいれるコーヒーのうちのなんでもない一杯かもしれない。けれど、お客さんにとってはお前からもらう唯一の一杯なんだ。その一杯に魂を込めろ。」

頭をガツンとやられたようでした。

これまでのバイトを作業的に取り組んでいた自分にとっては衝撃でした。

この感覚は、今の教師としての仕事に大きく反映されています。

 

・1時間の授業を大切にする。

・児童1人1人と出会えたことに感謝する。

・その子達と過ごす一日をかけがえのないものと思う。

 

一度終わってしまった授業はやり直せません。

担任として関わることができるのは今だけです。

漫然と過ごした一日はかえってきません。

 

だから、「今」をもっと大切にしたい。

やりたいことを必死にやろう。

限りある時間を無駄にしない。

 

そう、伝えたい。

 復学後のやらかし

色々と偉そうなことを言っておきながら、4月~就職までの自分はかなりやらかしてました。

<バイト>

・大学近くでも某コーヒー屋にバイトとして入る。

・大きな店舗での実績を振りかざし、天狗になる。

・入ったばっかなのに改善案などをガンガン言う。

・干される。

・散る。

伝え方が大切。謙虚さも大切ということを学ぶ。

<大学>

・ほぼ単位を取得していたため、ほとんど行かず。

→卒論がやっつけすぎて認定ぎりぎり。

<娯楽>

・パチンコ、スロットにはまる。(週7で入り浸る)

ギャンブルはやめましょう。本当に、やめましょう。

<教員採用試験>

・勉強せず受験し見事に散る。

・講師採用面接で「手ごたえはどうだった?」と聞かれ、「正直、紙一重でしたね」と答えて場を凍らす。

→努力せずして成功なし!

<就職>

・たまたま声をかけてくれた恩師を頼り、地元で「高校英語の非常勤講師」としてキャリアをスタート(このころ掛け持ちで塾講師をやる)

・恩師からの連絡がなければ、おそらく当時働いていたコーヒー屋での社員登用に流れていた。

→縁って大事やなぁ・・・。

 

というように、ぐずぐずな大学最終年をなんとか終えました。

 

終わりに

色々と書いてきましたが・・・。

一番言いたいことは一つ!

「ギャンブルはダメ!!!!」

違うか。(違わない)

伝えたいことは3つのブログに詰め込みました。

縁を大切に、感謝し、一歩踏み出して挑戦してみてください。

新しい世界が待ってます。

そして、共に働ける日を楽しみにしています。